活動報告ブログ > タカの渡り

報告者 : 楠木憲一

鳥類の渡りで有名な伊良湖岬を通過し、紀伊半島から四国を西進して九州に渡っていくサシバの愛媛県内での渡り調査については、全国的なサシバの渡りルート調査が行われ始めた1980年代から始まりました。1995年には愛媛県支部会員 故 猪野 茂氏らにより、高茂岬の約20 km北側に位置する由良半島でのサシバの渡りが確認されました。その後、2つの観察定点を調査することによってタカの渡りの傾向に関する多くのことが分かってきています。


より大きな地図で タカの渡り観察場所 を表示

確認した渡り羽数は年ごとに大きく変化しています。渡っていくコースの幅が広くて観察定点からは確認できない通過群が多いことが原因と考えられます。

調査を実施した高茂と由良の渡り調査結果からは、近年繁殖地で云われているサシバ生息数の大幅な減少傾向はあまり感じられません。

二つの調査地の渡り時期には大きな違いがあることから、由良半島を通過する群は中央ルート(白樺峠)からの通過群であり、高茂岬の通過群は東ルート(伊良湖岬)からのものが多いことが分かってきていますが、伊良湖からの群と思われるものが、気象条件等により高茂岬でなく由良半島を通過する時がかなりあります。

高茂岬、由良半島共に早朝の渡り羽数が多いのは、海を渡る場合のタカ類の渡り行動の特徴です。高茂岬ではその後の11時と 2時頃にピークがあります。

早朝の渡り開始は由良半島では 6時になった途端に大量の渡りが見られます。高茂岬でも 6時になると飛び始めますがピークは6時半頃です。その理由としては由良半島では塒場所が半島の付け根付近にあり、観察定点に近いため出現する時間が早くなり、高茂岬については岬の近くで塒入りするものが少なく、大きな群の通常の塒場所は20km位離れているために通過時間が30分前後遅くなっていると考えられています。

由良半島では一日に3,000羽を超える通過は見られませんが、高茂岬は大量通過する日数が多く10日も出現しています。特に500~999羽については由良半島の約1.5倍の出現日数になっています。しかし、100~499羽が通過する日については由良半島の方が多くなり、1.5倍以上の出現日数となっています。

高茂、由良共に大量通過日の時間別の通過状況は、かなり似かよったラインになっています。近年の大量通過年が高茂は少なくて、由良は多い傾向にあります。

愛媛県では二つの観察定点を1995年から連続して調査しています。渡りのピーク時期には毎年「タカの渡り観察会」も開催しています。由良半島の「タカの渡り観察会」は9月下旬、高茂岬は10月10日頃に開催しています。澄みきった秋空のなかを高く、低く、たくさんのタカの群が、海上遠くに見えている九州を目指して次々に渡っていく光景は、私たちの心に震えるような大きな感動を与えてくれます。最高に美しい愛南町の自然のなかで、全く音のないことがとても不思議な、大きな感動のあるタカの渡りの世界を、是非一度体験してみて下さい。

(最終更新日:2011年9月10日)

春の彼岸前に企画された権現山のタカの渡り観察会。お目当てはハイタカの渡りです。観察会は午前9時開始だけど、7時過ぎに到着。ちょうどハイタカが西へ渡るのを確認した。今日は幸先がいい。

空は青く晴れ渡り、陽射しは強い。わずかに北寄りの風が吹き、空には西へ渡るハイタカと東へ向かうノスリが交差する。開催時刻前から参加者が訪れた。9時を過ぎるとタカも多く渡り始め、参加者の目を楽しませてくれる。

観察は7:05から14:10まで。結局、観察された渡りのタカは、ハイタカ74羽(うち3羽は東向き)、ノスリ60羽、オオタカ2羽、ハチクマ1羽。

時間:9:00~14:10
探鳥会参加者:11名
確認できた鳥:21種
ミサゴ,ハチクマ,トビ,オオタカ,ノスリ,ハイタカ,ハヤブサ,キジバト,アオゲラ(S),コゲラ,コジュケイ(S), ヒヨドリ,シロハラ,ウグイス(S),シジュウカラ,ヤマガラ,エナガ,メジロ,アオジ,カワラヒワ,ハシボソガラス

最終更新日: 2018年12月04日
Copyright © 日本野鳥の会愛媛

▲TOP