その他

2017年度定時総会の役員改選で、代表に就任しました。

山本さんから代表役を交代しましたが、方針や活動内容が大きく変わることはありません。これまでのように「野鳥に関する調査研究を行い、野鳥の生息環境の保護に努めるとともに、これらを人々に普及するため(当会規約より)」活動をします。とはいえ、2つのことを心にとめて活動を推進したいと思っています。

1つは、愛媛県産鳥類目録のより早期な発行です。もう1つは、会報誌の「コマドリ」の編集担当の負担の軽減です。愛媛県産鳥類目録はとりあえず発行を目指しますが、望ましいのは県レッドデータブックの発行と同時期や10年ごとなどの定期改定です。そのためには、元となる野鳥情報のデータベースへの収集が欠かせません。鳥の行動などの記述内容の充実や件数の上昇に努めたいと思います。一方、編集担当の負担の軽減をすすめながら、さらに当会運営の担い手の募集やさらには役員の増員につなげればと思います。

当会の代表と副代表の年齢が、日本野鳥の会連携団体の中でも若いというのが、当会の特徴となっておりました。それがわたくしで停滞してしまいますが、若手への入会促進など含めて努めたいと思います。

これらのことは、会員のみなさまのご支援が必要です。よろしくお願いします。

日本野鳥の会愛媛代表
松田久司

——
2017年6月3日の定時総会の役員改選で承認された2017年度の新役員等、および担当は以下のとおりです。よろしくお願い致します。

代表:松田久司(保全全般)
副代表:小川次郎(探鳥会)
事務局長:秋山勉(会報)
会計:新名亨
幹事:山本貴仁(調査研究担当)
井戸浩之(密猟対策担当)
上沖正欣(ホームページ担当)
渡辺奈央(探鳥会担当)
会計監査:玉井元二・谷川昭司

最終更新日: 2017年06月30日
Copyright © 日本野鳥の会愛媛