記録を送る

ツバメ情報募集中!

皆さん毎日見かけているはずのツバメ。でも、身近過ぎて野鳥情報としては記録が少ないのも事実。近年個体数が減っていると言われているツバメ・イワツバメ・コシアカツバメの3種に注目して、記録を送って下さい。目標は100件以上!会員外の方でも、匿名でも、何度でも投稿OK!特に記述がない場合は、送信日=観察日となります。

ツバメ:額と喉が赤茶で、尾に白斑がある。巣はお椀型。街中にもいる。
イワツバメ:腰が白く、尾が短い。巣はつぼ型で、橋桁下で集団営巣(コロニー)することが多い。
コシアカツバメ:腰が赤茶色で、腹に縦斑がある。巣はとっくり型。郊外に多く、集団営巣する。


観察した種(必須:いずれかを選択。近くにいた場合は複数同時選択可)
  

観察内容(任意:匿名・空欄可ですが、できるだけ入力お願いします。改行不可)

地図をズームして観察地点を指定して下さい (必須)。近く(約500m以内) で複数種を見た場合は中間地点を指定し、まとめて送信OK(距離が離れていた場合は別々に送信してください)。

 (リクエストの許可が必要)

緯度:  経度:

送信前に入力内容を再度ご確認ください。

また、以下のサイトでも全国的なツバメの繁殖分布調査を実施していますので、情報提供をお願いします。
ツバメの子育て状況調査(日本野鳥の会)
ツバメ観察全国ネットワーク(バードリサーチ)

これまでにツバメ情報が送信された地点(2020年5月現在)

(紺:ツバメ)(黒:イワツバメ)(橙:コシアカツバメ)です。随時更新していきます。記録の少ない地点の情報を送っていただけると、県内全体の分布を把握することができます。ご協力をお願いいたします。


(カット提供:安藤康子)

ページ: 1 2

最終更新日: 2020年04月19日

▲TOP